ラテン・アメリカ政経学会

学会案内

沿革

 ラテン・アメリカ政経学会は、1964年9月26日に設立され、我が国におけるラテン・アメリカ地域に関する社会科学的研究を促進し、ラテン・アメリカ研究者間の 研究交流を目的としています。2014年に設立から50周年を迎える日本でエリア・スタディを目的とする学会のなかでも古い歴史を誇り、わが国におけるラテン・ アメリカに関する社会科学的研究の発展に貢献してきました。

 現在の会員数は約140名です。会員は、大学の教員だけでなく、政府・民間の研究機関の研究者、企業人、大学院生、など多様です。会員の専攻分野も、 経済学、政治学、社会学、法律学、歴史学など多岐にわたっています。これまでは経済学、政治学が中心でしたが、近年は社会学などを専攻する会員が 増加しています。研究対象地域も、ブラジル、アルゼンチン、メキシコなどの大国以外の国々へと広がっています。また最近顕著な傾向は、若手の研究者・ 院生の学会への加入が増加していることです。本学会は、多様性を豊かにしながら、ラテン・アメリカ地域に関する社会科学研究の拠点として 発展を続けています。

 なお、日本学術会議(Science Council of Japan)には、1987年に登録されています。地域研究コンソーシアム、地域研究学会連絡協議会にも加盟しています。

理事会(2019年11月改選・任期3年)

理事長   監事  
○ 谷 洋之   ○ 飯塚 倫子  
    ○ 藤井 嘉祥  
常務理事      
○ 谷 洋之 (事務局)    
○ 幡谷 則子 (会計)    
○ 桑原小百合 (編集委員)    
○ 舛方周一郎 (編集委員)    
○ 近田 亮平 (編集委員)      
○ 清水 達也 (編集委員・ウェブサイト管理)      
○ 久松 佳彰 (大会・関東部会)      
○ 岡田 勇  (大会・関西部会)      
○ 浦部 浩之 (国内交流)      
○ 浜口 伸明 (国際交流・大会・関西部会)    a  

会員数:153名(2019年11月16日現在)

学会規約、理事選挙実施要綱はこちらをごらんください。