ラテン・アメリカ政経学会

事務局への連絡

地域部会

下記の要領で日本ラテンアメリカ学会西日本部会と共催で関西部会研究会を開催します。会員の皆様のお越しをお待ちしております。

1.日時:2016年12月17日(土) 13:30−17:00

2.場所:同志社大学烏丸キャンパス志高館(京都市上京区烏丸通上立売上ル相国寺門前町647−20) 会場情報

SK214教室

13:30−14:20 「暴力と感情の文化的力(ちから)の考察−中米移民女性の経験から」
浅倉寛子(CIESAS)

社会科学の分野で、感情が分析対象として取り上げられるようになったのは、ここ30年くらいのことである。しかしながら、人間を取り巻く様々な社会現象をより深く理解するには、客観的側面だけでなく、主観的側面をも考慮することが重要と考える 。そこで、本報告では、中米移民女性が移民過程で受ける暴力の経験をもとに、彼女たちがそういった状況の中で、どのような感情を持ち、それが前進するために起こす行動とどのように結びつくのかを考察する。

14:20−14:40 討論

14:40−14:50 休息

 

14:50−15:15 「植民地時代前半期におけるポトシの社会と銀鉱業運営の実態」
真鍋周三(兵庫県立大学名誉教授)

植民地時代前半期におけるポトシの銀鉱業社会を理解するためには、ポトシ銀山の発見(1545年)から1570年代前半くらいまでの時代状況と、1570年代後半以降の時代状況との相違点を念頭においてみていくことが重要であろう。1580年ごろ以降、国際商業都市ポトシ市が誕生する。そこではおびただしい量の商品 −舶来品(大半が奢侈品)ならびに生活必需品−が流通していた。本報告では、第5代ペルー副王トレド(在位1569−81)の諸改革後に出現したポトシ社会を、17世紀初めに起きた市民戦争〔ビクーニャスとバスコンガドスの戦い(1622−1625年)〕くらいまでを射程にいれて考察する。王権と私企業による官民混合事業が出現する1570年代後半以降の王権の「事業」にそって、「負債」制の実態をその特色や問題点とともに検討する。

15:15−15:30 討論

SK203教室 2010年代半ばのラテンアメリカ政治

13:30−13:35 趣旨説明

第一部 ブラジル(13:35−14:55)

13:35−14:05 「ブラジルの民主主義とテメル新政権の動向」
住田育法(京都外国語大学)  

ルーラ元大統領のカリスマ性とコミュニケーション能力に頼り第二期政権を乗り切るかと思われた中道左派労働者党ルセフ大統領は弾劾裁判で罷免され失職した。中道ブラジル民主運動党のテメル副大統領が2018年末まで大統領を務める。テメル新政権は外相に中道右派のブラジル社会民主党のセラ氏を起用するなど、外資を受入れ、経済再建を優先する姿勢を打ち出している。新政権の民主主義と社会正義に対する姿勢を考察する。

14:05−14:35「2016年ブラジル統一地方選挙−全体評価と政治経済の現状・展望−」
舛方周一郎(神田外語大学)

本報告の目的は、今年8月に実施したブラジルのサンパウロ市とリオデジャネイロ市での現地調査をもとに、各市町村の首長と議員を決めた2016年ブラジル統一地方選挙の動向と結果を分析することで、ブラジルでは、中央‐地方間の政治力学がどのように展開されるのかを解明することである。さらに地方選挙全体の評価や新しい傾向から、転換期にある政治経済の現状を理解することで、2018年大統領選挙にむけた見通しを示すことが狙いとなる。

14:35−14:55 討論

14:55−15:10 休憩

第二部 アンデス諸国(15:10−17:00)

15:10−15:40 「ボリビア・モラレス政権の11年−何が政権を支えてきたのか−」
岡田勇(名古屋大学)

ボリビアで2016年2月21日の国民投票で大統領再選規程に関する憲法改正が否決されたことは、ともすれば同時期の域内他国における左派政権の後退状況に重なるように見られがちだが、そのような評価は短絡的に過ぎるだろう。ではいったい何がこれまで政権を支えてきたのだろうか。本報告では、2006年に始まるエボ・モラレス政権に対する選挙支持、地方レベルの支持、抗議運動についての実証分析から、この問いに答えることを試みる。

15:40−16:10 「コロンビア−和平プロセスの現状と見通し−」
千代勇一(上智大学)

本年9月、国内最大の左翼ゲリラのコロンビア革命軍(FARC)と政府との間で和平合意が成立したが、翌月の国民投票において否決され、国内外に衝撃を与えた。半世紀にわたる武力闘争の終結への期待がある一方で、プロセスに対する懸念や批判も強く、政治的駆け引きの様相すら呈している。そこで本発表では、今回の和平合意のプロセスと内容を検証し、その特徴と問題点、国内政治へのインパクト、そして今後の見通しについて検討する。

16:10−16:40 「ペルーの大統領選挙とクチンスキー政権の現状」
村上勇介(京都大学)

6月に決選投票が行われた今回のペルーの大統領選挙は、歴史的な記録として残る0.24%、4.1万票という僅差で経済テクノクラート出身のペドロ・パブロ・クチンスキーが当選した。本報告は、有力大統領候補者の失格や選挙管理機関の公正への疑念など異例の展開となった4月の一次投票までと、前回の選挙と同様にケイコ・フジモリ有利の情勢が覆った決選投票の過程を振りかえったうえで、就任100日を過ぎたクチンスキー政権の現状と課題について考える。

16:40−17:00 討論

会員総会資料

平成28年資料   議事要録

平成27年資料   議事要録

平成26年資料   議事要録

平成25年資料   議事要録

会費納入方法

各年度の会費(一般8,000円、学生5,000円、シニア3,000円)は、以下のいずれかの方法でお支払いください。手数料は各自ご負担願います。

1)郵便振替

郵便局で郵便振替払込取扱票により、下記口座にお支払いください。

口座記号 00940−6  口座番号 194928 加入者 ラテン・アメリカ政経学会

※通信欄に会費年度と会員種別(一般、学生、シニア)を記入してください。

2)銀行送金

銀行名:ゆうちょ銀行                  口座種類:当座預金
店名: 〇九九店(漢数字で099)          口座番号: 0194928
口座名義人:ラテンアメリカセイケイガツカイ

 

シニア会員制度

平成22年度規約改正により、シニア会員制度が導入されました。シニア会員とは65歳以上で、5年以上正会員として所属したのち、常勤職を辞した会員で、会費は3,000円(機関誌代を含む)です。

会員登録情報変更、退会申請

  • ・所属、住所、電話番号、メールアドレス等、学会からの事務連絡に必要な事項に変更があった会員はお手数ですが事務局までお知らせください。
  • ・退会を希望される会員は退会申請書(形式自由)を作成して、事務局まで郵送してください。

学生会員旅費支援申請

メーリングリスト参加申請(会員限定)

事務局からの連絡や会員相互に講演会、セミナー、研究会、出版のお知らせを配信するラテン・アメリカ政経学会メーリングリスト(JSLA-ML)に参加を希望される会員は管理者(jsla[at]rieb.kobe-u.ac.jp ※送信時[at]を@に変更)にお申し込みください。

 

本部事務局

〒153-8902
東京都目黒区駒場3-8-1
東京大学大学院総合文化研究科  受田宏之研究室
TEL: 03-5454-4825
e-mail: hukeda[at]waka.c.u-tokyo.ac.jp